苫小牧市山手地域包括支援センター

山手地域包括支援センターは平成21年4月より新設され、苫小牧市北西部(山手町・北光町・見山町・花園町・啓北町・松風町・桜木町・有珠の沢町、豊川町)を中心に、主任ケアマネジャー・社会福祉士・保健師等が生活の安心・安全に向けた相談・支援を行っています。 苫小牧市山手地域包括支援センター 外観

地域包括支援センターとは・・・

地域包括支援センターとは、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で、いつまでも自分らしく安心して生活できるように、心身の健康の保持、保健・福祉・医療の向上、生活の安定のために必要な援助や支援を包括的に行う中核機関として設置されました。
地域包括支援センターでは、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどが中心となって、それぞれの専門性を活かし、互いに連携をとりながら「チーム」として支援します。

事業内容について

地域包括支援センターでは以下のような事業を行っています。

  • 介護予防マネジメント
    健康な人でも、心身の機能を積極的に使わないと、次第に衰え、介護が必要な状態になるおそれがあります。そうならないために、みなさんの介護予防のお手伝いをします。また、介護認定で、要支援1・要支援2と判定された方の介護予防ケアプランを作成します。要支援者でサービスの利用を希望される場合には、ご相談ください。

  • 総合相談・支援
    高齢者のみなさんやその家族、近隣に暮らす人の生活に関する悩みについても相談に応じます。介護に関する相談や心配ごと、健康や福祉、医療に関することなどについて「どこへ聞いたらよいかわからない」「どのようなサービスが利用できるかわからない」という問い合わせからでも結構です。まずはご相談ください。

  • 権利擁護、虐待の早期発見・防止
    高齢のみなさんが安心して生活するために、成年後見制度の紹介・活用や、虐待の早期発見、消費者被害の防止など、皆様の様々な権利を守ります。

    例えばこんなとき・・・

    1. 悪質な訪問販売の被害にあい困っている。
    2. 財産管理に自信がなくなったが、頼める人がいない。
    3. 家族がいないので、この先認知症などになったときに心配だ。
    4. 介護してくれている家族に、いつも怒鳴られている。
    5. いけないとわかっているが、認知症の父親に冷たくあたってしまう。
    6. 近所に住む高齢者が、家族から虐待を受けている様子がある。

    まずは地域包括支援センターに相談していただき、状況をよく伺った上で関係する機関(警察や消費者センター、行政など)と連携して対応します。

  • 包括的・継続的ケアマネジメント
    高齢者のみなさんがより暮らしやすい地域にするため、医療・福祉・保健などさまざまな関係機関と相談・調整や地域のケアマネジャーのさまざまな相談に応じるなど、高齢者の方へより良い支援ができるように対応します。


苫小牧市山手地域包括支援センター
〒053-0851 苫小牧市山手町1丁目1番2号 ハリスアパートA102号
TEL:0144-71-5565 FAX:0144-71-5580

目次

社会福祉法人 山手の里 〒053-0851 北海道苫小牧市山手町1丁目12-3 TEL:0144-72-9222 FAX:0144-72-9320
Copyright (c) YAMATENOSATO Shakaihukushi Houzin. All rights reserved.